強迫観念に駆られて目覚めた件。

こんな朝早くに嫌な夢を見て起きてしまった。

この夢はいつも覚えている。

 

知らない土地へ行き、帰り道を調べる為に、いろんな人に聞いたりして。。

それでも帰れない夢。

 

あと、突然人がたくさん死んだり、殺しあったりする夢。

そこに自分がいたり、大切な人がいたり。

 

厨二病が抜けてないんだろうと、割り切ろうとするが。

こんな夢を見るのは、最近になってからだ。

そう、私は強迫観念に駆られて起きて今、このブログを書いている。

 

悩み事は、たくさんある。お金はない。

例えば、過ぎ行く時間。考えても過ぎるのはわかっているのに、また考えてしまう。

これは、子供の頃からの悩み。

子供の頃から、「死」ということについて深く考える。

その時、誰かに相談しとけばよかったと今は思う。

これをやっちゃうと、苦しくなるだけ。

 

次に、仕事のこと。

独立して5年が経つが、先への不安は年齢とともに増している。

これは、解決するには結果を出すしかない。転職するか。

 

次に、親のこと。

子供の頃に母が病気で亡くなり、父は3人の子供を育てた。

離婚も再婚もせず、毎日働いていた。

時間が合わなくなったり、家が暗くなったように感じて、多少グレた。

それでも、父は変わらず働いていた。

私は、心の底から父を尊敬している。

私は、今年で70になる父をいつか、余生を幸せに暮らせるようにしたいと思っている。

実家の家業を離れ、都会でアホ息子は必死に足掻いています。

家業を継ぐことも考えたりしたが、最近は仕事が少ないらしく、高校生のころから「自分の仕事を見つければいい」と言っていました。

私は、自分の仕事で、お世話になった父に恩返しがしたい。

 

多分、最後の悩みは家族。

すこしずつ結婚している友人は増え、追い越されることも多く。

人の結婚式ばかりを見ている気がして、そのまま放っておいたら早30。

友人と言える人とも疎遠になっていき、寂しさを感じる。

また、結婚し子供ができ、それを親に報告するのは、最大の親孝行だと思っている。

ここから先の悩みは、まだ書けない。

 

 

結局、洗いざらい挙げていくと。

私は、働くしかないのだ。

なので、仕事をする。