DLCがなぜ嫌われるのか。

そもそも、こんな表題書くとは。。

まあ、いいや。

スポンサードリンク

 

昔のゲームは面白かった。完結するから。

今のゲーム、スマホやPSもそうだけど、課金要素で儲けようとしすぎてて、一瞬はまっても、その後が続かない。

スマホゲームの場合、このDLCのせいで、課金して、レアなキャラを出しても3ヶ月経てば大してレアでもなくなる。

システムの改修あり、更新ありで、レアがノーマルになる。

それに気がついたユーザはスマホゲームをやめて、PSやDSに移る。

けど、そこでも同じようにDLCがある。

はあ、時代かねぇ。

 

個人的に、ゲームは、FFXで終わった気がする。

それ以降、それ以上が出ていないし、DLCで飽きる。購入価格が上がって、既存の購入者はフリーならまだしも、コンテンツを買うって、そもそも含めとけと思うし。

か、〇〇2で出しゃ良いだろ。

1個の話題をなるべく広げようとしてるのが、うざい。

例をあげれば、グラブル。マジで鬱陶しい。

大したグラフィックも使ってない、しょぼいグラフィックで、広告だけでゲームを広げる。

今の、若者は不幸だと思う。

俺らの時代は、そもそも、ファミコンからスーファミのグラフィック見たときは、感動した。

そこから、PSがでて3Dの概念がゲームに入り、それが、より鮮明になったPS2。

この時代を見ると、端末を買う価値はギリギリ納得できても、ゲームを買って追加でコンテンツ買えなんて。。

じゃあ、やめる。

 

 

商売気を出すのは構わないんだが、現実目線で考えた時、趣味のレベルを超えた課金もできないし、ゲーマーのはけ口がPSやDSに向いても、そこがDLCなら嫌気しか覚えない。

まあ、1000円くらいまでならOKだとも思うが。

それは、良いとして。

そもそも、マーケットの分母数を減らしてどうするの?

私が「じゃあ、やめる。」といったのは一般ユーザなら、ある程度通る道だろう。

市場を把握したいのはわかる、が、そもそも、PSやDSは固有端末というデメリットがある。エミュレータ入れるレベルは、分母数の下位なので考慮しないが、真面目に端末買って、ゲーム買って、さらにDLCって。

そんなに面白いなら良いけど、DLCが、おもんなくさせてるんだよ。

そもそも、ゲームの目的は「自己満足」。多くは、コンプリート目的だろう。

課金しないとコンプリートできない、ならそれは邪魔だし。

 

イージーに遊ぶなら、スマホゲームで課金しなければ良いわけだ。

それで、残るのはストーリー性ぐらいしか無い。

けど、メーカーは金はかけたく無い。終わりなんだろうね。。

 

ゲームという文化の終わり、それは利益率と生産性を考慮した結果だ。

多分、二度と最高のゲームは生まれない。

スクエニが頑張って、FF7のリメイクやらやってるけど、それがある意味正解かもしれない。

そのためにPS4を買おうと思ったし。

文化の終わりは、産業の終わり、Sonyも、もうちょっと考えた方が良い。。けど、日本企業は、こういう「臭い」を感じる能力が極端に低い。

まあ、現行のままで、海外で売れば良いと思うけど(どうでもいいけど)、PSに変わって、DSが日本のマーケットを牛耳ってほしい。

メーカーはもっと、脚本に力を入れるべきだと思うし、本当の利益を産みたいなら、FF10のように、端末が変わろうが語り継がれるような物語を作れば良い。

そこのマーケットを無視するなら、私的にはテトリスやぷよぷよで満足。

暇つぶしに1万かけるなら、2月に1回、1泊2日の旅行に行った方がマシかな。

たのむから、分母数という概念を持ってくれ。

 

そして、十年近く売れる名作を年単位で出せば、利益は出せる。

要は、リースのようにその本数を10本、20本、と、増やせば良い。

ソフトウェア業界もそうだけど、低価格競争から、新たなステージがきて、無料化や、低価格化が進んだ。

その先は、リースになる。

それは、よく分からないシステムを利用する能力は、ユーザには無いから。

だから、ある程度価格がかかっても、実績があるならリースにしようと思う。

結局、クラウドだ何だと言っても、時代は巡る。

まあ、いいや。寝る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です